Filed under (07) Life Style | 生活品味

JL japan news- Hokkaido NISEKO on Live(北海道Niseko最新消息)

Share with you the recent information about Niseko directly from Hokkaido translated into Chinese & English. Any question about Hokkaido and Japan are welcome. Have a good day, Joe 「世界之NISEKO」 ~NISEKO的外國人住宿客人,一年超過40萬人次,追求世界一流的雪粉~ 位於北海道的玄關「新千歲空港」和北方最美之都「札幌」開車約兩個小時圈內的綜合渡假勝地「NISEKO」(北海道俱知安町 NISEKO町),2014年度的住宿外國旅客人數首次打破40萬人次的紀錄,確實為北海道製造了一個新的形勢。 日圓便宜大大降低了旅行費用是其中一個原因。配合了國際環境的轉變,度假區充實了既有設施及加添不少高級住宿設施和人氣餐廳,去年底今年頭吸引了很多滑雪人士到來尋找「世界第一」的雪粉渡假。 一直以來日本全國知名度最高備受誇耀的NISEKO,以往只停在地方的滑雪勝地稱號,今天,卻變貌成「世界的NISEKO」。 駐日本美國大使Caroline Kennedy卡羅琳.肯尼迪(甘乃迪)上季到訪NISEKO滑雪後,在Twitter投稿「在享受北海道的雪花」圖文並茂,使當地和有關人等十分驚訝。 安倍晉三首相也於第二次政權開始前與夫人昭惠來訪。而大使到訪的2013年度,俱知安和NISEKO兩町的外國人住宿總人數也打破當地紀錄約38萬2千人次。 根據俱知安觀光協會的預測,由於日圓貶值的關係,去年度九月為止旅客增長4萬6千人,比前年同期增長4成,最後相信達到42萬人次。外國旅客使用主要設施的人數是日本人的差不多一倍。 不但如此,2013年11月於奧地利Kitzbuhel舉辦的「世界滑雪獎」頒獎禮中,NISEKO地區榮獲日本全部門優秀賞 Ski Resort外,以下的同地區設施分別獲得不同的獎賞。 Niseko United – Japan’s Best Ski Resort #2年連續受賞 The Vale Niseko – World’s Best Ski … Continue reading

Invest in Japan platform NEWLY launched 日本房地產投資平台「新登場」

JLA has officially launched its Invest in Japan Facebook platform. Market news, trendy info, property news & updates, events & activities, property seminars, property purchase & advisory in Japan etc can all be found on our FB now. Go click the link, follow us for more info. Let’s Go Japan!   JLA的面書 Invest in Japan平台,今天正式公開。你們可以在這裡找到市場信息、時尚資訊、地產消息和活動分享、地產講座、樓盤介紹、分析與銷售等,內容豐富。來吧,點擊我們Invest … Continue reading

JLA 便り「旧正月@香港」

皆様 「新年好ハオ」「コンヘイファッチョイ」(=Kung Hei Fat Choy 恭喜發財、発達おめでとうございます)「龍馬精神」(龍や馬のように元気に)。 香港は旧正月休みも終わり、街に通勤する人々の姿も見え始めました。 小生、この旧正月休みはゆっくり休ませていただきました。読めなかった二冊の本も読み、運動したりと平和な休暇でした。旧暦一月一日に一般の香港人と同じく「團拜」(家族親族全員集って新年を祝い、食事を共にする)をしました。香港の新年に欠かせない「焼き大根もち(蘿蔔糕)」や「年糕(ネンゴウ、茶色やや固め甘いもち)」などを食べ、お腹も一層膨らみました。 町は香港人より大陸観光客で溢れています。特に正月四日(今年は2月3日に当たる)から多くの観光地が中国大陸にいるのかと目を疑うほど、ざっと見ても八〜九割は中国本土から来られたと思われる人々です。九龍島にあるツムサツイ(尖沙嘴)広東ロード(廣東道)沿いのブランド名店は彼らに占領されていました。ルイビトンやエルメスなどの玄関にも大陸客の成す長蛇の列、お祭りのような雰囲気でとてもにぎやかでした。 香港の景気はどうでしょうか?上述のような観光客に人気な場所へ行きますと、景気は最高だと勘違いしてしまうかもしれません。しかし、人は確かに多いものの本土中国人の購買の「太っ腹さ」は前ほどではありませんでした。話によると、高級品の売上げは前年比よりも落ちているのではないかと言われています。今までのギフト若しくはお土産向けの買物が減っているからです。それは習近平主席の「反賄賂」路線から出た結果にほかなりません。香港地元では、海外旅行に出かけている人々は少なくなく、香港で消費しているのは多くないと見られます。去年の景気は確かに悪くなかったのです。失業率は少し落ちているし、ボーナスや2014年の賃上げも期待できそうです。が、しかし中国の改革そして経済成長低下による影響は無視できないでしょう。不動産価格は去年ピークに達し、株式市場も中国本土から引っ張られ「さえない」年でありました。今年はよほど魅力的な材料がない限り、欧米日より株式のパフォーマンスが出遅れてしまうのではないかと考えられます。 香港では裕福層の皆さんが過去三年ほどの債券バブルから脱出しつつあります。残念ながら中国香港株はまだ元気がないため、利回り保証された商品(一部は保険付の貯蓄商品)は引続き好まれています。一部の大手銀行からはストラクチャー商品を大口のお客さんにも勧めています。不動産も株もなかなか手を出せない状況下、現金を抱えている投資家は少なくありません。一方、日米欧の状況が少しずつ落ち着いてきたため、彼らは日米欧株そしてファンドへ目を向けるようになる可能性があるのではないかと思われます。この二週間、世界主要市場に関わらず、エマージング市場の皆さんは株式市場下落や資金流出による為替相場急落などの打撃が大きく、米国FBR新議長イエレン女史今週正式就任による既定テーパリングのパニック再発による株の売却が殺到したことで今、マーケットはなかなか落ち着かない様子です。逆にこの「株暴落」によって株が買いやすくなるのではないでしょうか。