Weekly Report ウィークリー・マクロ・スナップショット (Jan 30 2018)

株価評価の低いセクターの再評価;高成長セクター

投資テーマが明らかに変更

年初より、投資家は株価評価の高い銘柄からファンダメンタルズの改善が見られる低い銘柄に転換している。TMT(テクノロジー・メディア・通信)、ゲーム、自動車がアンダーパフォームする中、HSCEIとHSIでは不動産、銀行、証券、石炭、資材、石油、航空が最も上昇している。これは財務などファンダメンタルズの改善した株価評価の低い銘柄が再評価されるという当社の見通しと一致している。特に不動産セクターの熱狂は、強力な販売契約と回復した不動産価格によるものである。招商銀行(3968HK)の財務諸表では銀行資産の質の改善が見られ、利益成長は一桁台から前年比13.7%に伸びると同時に、NPL(不良債権比率)は2016年の1.87%から2017年には1.61%改善していることを示した。

サウスバウンド(南行き)資金も同様のトレンド

1月26日までに上海/香港のサウスバウンド・コネクトで最も活発に取引された10銘柄うち6銘柄は銀行株だった(2017年12月は3銘柄のみ)。同様に、深圳/香港のサウスバウンド・コネクトでは2017年12月のトップ10銘柄に銀行株は入らなかったが、10銘柄のうち2銘柄が活発に取引された。一方、深圳コネクトでは自動車、保険、スマートフォーン、不動産が売られ、上海コネクトでも自動車、保険が最も顕著に売られた。

一日のネット買い33億香港ドルと2倍以上

1月(1月26日まで)のサウスバウンドの一日の平均出来高は前月比54%増の201億香港ドルとなり、香港市場全体の12.9%を占めた(2017年12月から12.6%増)。一日の平均ネット買い付けは107%増の33億香港ドルとなる。この間の香港市場全体の出来高は前月比51%増の1,569億香港ドルとなった。

再評価の継続

現時点での力強いラリーにもかかわらず、金融、特に銀行の評価は2015年の水準を下回っているため再評価が可能であると当社は考えている。招商銀行と中国平安(2318HK)除く、銀行株は2015年のPBRを10-40%下回って取引されており、保険株、証券株は2015年の評価よりそれぞれ15-40%、50-60%安い。

出遅れの巻き返し

一方、過去数か月間にアンダーパフォームしたAACテック(20018HK)、サニー・オプティカル(2382HK)などのスマートフォーン関連やジーリー・オートモービル(175HK)、ブリリアンス・チャイナ(1114HK)などの自動車関連は割安で魅力的である。これらは底値を付けており、今後数か月の内に巻き返すチャンスがあると見ている。

依然として楽観的

全体として市場のラリーは終結していないと考えている。世界の景気回復と海外株式市場の勢いを背景に、継続的な収益の伸びや再評価銘柄を中心に香港市場は上昇を続けるとみている。HSIは12月6日の安値から17.4%高の4,930ポイント上げ、ほぼノンストップラリーをしていることから外部要因や政策の問題が調整局面を迎える可能性があるが、当社はこれを好機と捉える。

リスク

地政学リスクやマクロ・データによる市場不安;企業収益の悪化。

(出所:Jan 29, 2018 GF Securities (Hong Kong) Brokerage Limited)

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s