Weekly Market ウィークリー・マクロ・スナップショット (Nov 16 2017)

今週の香港市場

投資戦略:

先週の市場のセンチメントは堅調で、5営業日の出来高は1千億香港ドルを超えた。ハンセン指数は、過去2週間で10%以上上昇したテンセント(700HK)主導で2008年の金融危機以来の高値を更新した。今週水曜日にテンセントは業績を発表する。市場は第3四半期の収益は、ゲームと広告収入により50%以上伸びると予想している。もし収益が市場の予想を上回る場合、今週テンセントとハンセン指数は一段高するだろう。しかし、米国の税制改革見通しを取り囲む不確実性は、今後の世界の株式市場にとって最大のリスクとなるだろう。先週、米上院は税制改革法案を発表したが、米下院と比べ法人税減額の1年間の延長を含む多くの違いが存在した。当社は、トランプ大統領はこの提案に同意しないと見ている。上院と下院は最終的な法案を交渉するための時間がより必要である。もし、この立法プロセスが延期された場合、経済見通しに対する投資家の楽観的な見方が逆転し、世界の株式市場の修正を引き起こす可能性がある。今年ハンセン指数は30%以上上昇しており、12月に利食い売りがあるかもしれない。

GFS A株市場カラー力強さを維持できる業界リーダー

(*中国国内機関投資家向けのGFSセールストークは、一喜一憂しながら市場センチメントのわずかな変化を検知するものである。当社の見解について下記をご参照ください。)

ミューチュアル・ファンドマネージャーの声

強気な見方1

現在、市場はデレバレッジを期待しているため、結果的に市場圧力は前回より厳しくなるが、第4四半期にいくつかの問題が生じると見ている。一方、上場企業のバランスシートは以前より確実に健全であることは、注意する価値がある。これらのことか株式市場は構造的な投資機会を伴い、上下しながら上昇を続けると考える。当社は、成長の可能性や過去の評価に対して株式を評価する重要性を強調し、ファンダメンタルズに焦点を当てた市場の傾向が持続すると考え、新エネルギー車、自動車のエレクトロニクス、ドラッグ・サプライ・チェーン、カスタマイズ家具、証券、鉄鋼に注目している。

強気な見方

2017年第4四半期は医薬品セクターに注目している。株価が安く、財務、輸送、飲料において安定したキャッシュフローを持つセクターとしてポジティブである。

強気な見方

外国人投資家の市場への影響は高まっている。これらの投資家は長期投資の傾向があり、短期的な価格変動に左右されない。そして海外の競争相手から市場シェアを奪うリーディング・カンパニーに興味を持っている。そのため、市場シェア拡大の余地が十分ある企業やテクノロジー、ポジションの点から競争相手を代替する可能性のある企業に注目する。

ニュートラルな見方

市場はTMT(テクノロジー・メディア・テレコム)や小型株/新規上場したセミコンダクター主導で優良消費銘柄が上昇し、相対的に堅調さを維持している。一部の株式が比較的高水準まで上昇している事実から生じるリスクがある反面、ファンダメンタルな市場の動きの反転は見られない。当社は、投資家が消費やTMT関連の保有を続けることを推奨する。新たなポジションは低位から上昇する可能性のある銘柄から築くべきである。

プライベート・エクイティ・ファンドマネージャーの声

強気な見方

業界のリーディング・カンパニーのほとんどは、2017年第3四半期の収益は予想を上回った。当社が考えるトレンドは、直近の業界再編に伴うこれら企業の継続的な利益成長が今後数四半期続き、投資家が評価の基盤として2018年の収益予想を転じるため、業界リーダーの評価は低下すると見ている。これら業界リーダーの株価は市場に沿って下落するより一段高すると考えている。

強気な見方

売られ過ぎの銘柄は高収益により支えられていると強調したい。直近では大型株のチャイネクスト銘柄が持ち直しているため、堅調な収益基盤がある売られ過ぎの小型株を推奨したい。それはより低位でリスクとリターンを合わせ持つだろう。

保険会社の声

大型株は、先進国と新興国市場(インドを除く)の両市場で、伝統的及びハイテクセクターの株価が高騰している。サイクル的な要因を除き、業界のファンダメンタルに基づき今後2年間でこのトレンドが逆転する兆しは見られない。短期的には資産の質の改善から大型銀行株の保有を推奨する。

GFSセールスの声

先週のA株市場の特徴として製造業、消費、ハイテクセクターの株価上昇と同様に、業界リーダーの堅調さが挙げられる。一方、ノースバウンド(北行き)投資家は保有するブルーチップ銘柄の一部の売却を開始した。機関投資家の一部は、確定売りや異なる性質を示す銘柄にポジションの入れ替えを開始している。年末が近づいているため利益を確定し、他の投資家の影響を保護しなければならないと機関投資家は考えていると思う。そして、製造業、ハイテク、環境銘柄は市場のリスク選好における構造的な増加により来年も引き続き堅調であると考える。

GFSセールスの声

先週のA株市場の特徴として製造業、消費、ハイテクセクターの株価上昇と同様に、業界リーダーの堅調さが挙げられる。一方、ノースバウンド(北行き)投資家は保有するブルーチップ銘柄の一部の売却を開始した。機関投資家の一部は、確定売りや異なる性質を示す銘柄にポジションの入れ替えを開始している。年末が近づいているため利益を確定し、他の投資家の影響を保護しなければならないと機関投資家は考えていると思う。そして、製造業、ハイテク、環境銘柄は市場のリスク選好における構造的な増加により来年も引き続き堅調であると考える。

(出所:Nov 13, 2017 GF Securities (Hong Kong) Brokerage Limited)

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s