Market Update ウィークリー・マクロ・スナップショット (Dec 19 2017)

サウスバウンド取引とマーケット・レビュー

出遅れ銘柄 イン、アウトパフォーム銘柄 アウト

先週の香港市場は、来年の米国経済がより力強いとするFEDの予想や、税制改革法案の可決を目前にした市場の期待に支えられ好調な米国市場によりわずかにリバウンドした。TMT(テクノロジー・メディア・通信)、自動車、保険、素材セクターがアンダーパフォームする中、ゲーム、航空会社、生活必需品、ヘルスケアー、銀行がアウトパフォームした。これは、年末前に高パフォーマンス銘柄から出遅れ銘柄にトレンドが変わったことを示している。

サウスバウンド資金買い越し;通年の買いは3500億香港ドルを超す

先週のサウスバウンドの平均出来高は、前週と比べ17%減の121億香港ドルとなり、11月の平均146億香港ドルを下回った。そのため、香港市場におけるサウスバウンドの市場シェアは、先週金曜日に9.2%に低下した。しかし、サウスバウンドの買いは増加し、一日の平均買い付けは前週に比べ28%増加し、26億900万香港ドルと11月の平均(26億5100万香港ドル)まで回復した。これは前週の激しい動きによる一時的なクールダウン後の香港市場に、中国の投資家の関心が戻っていることを示している。実際、11月のサウスバウンド資金による買いは3090億香港ドルを超え、現在の流れが続けば、2017年に前年比42%増の3500億香港ドルを超える可能性がある。

税制改革法案が焦点;高いインターバンク・レートの恩恵を受ける大手銀行

翌年の経済政策運営の方針を決める中央経済労働会議が今週開催される。当会議と第19回全国代表大会が短期間にあるため、当会議では全国代表大会の精神が受け継がれ、間接的な金融、金融リスクのコントロール、減税、住宅システム改革が重要課題となるだろう。目前に迫る税制改革法案が企業や個人の税負担を軽減することから、会議中の減税に関するどのようなニュースも密接にモニタリングされる。

一方、1か月物のHIBOR/SHIBORはそれぞれ3週/2週間上昇したが、市場の流動性は年末要因と米国の利上げにより引き締めが続いている。この傾向は、預金基盤が強固な大手銀行に有利となり、NIM(ネット・インタレスト・マージン)がより改善されると考える。そのため、当社は短期的に銀行株を推奨する。

リスク

地政学的リスクや米国の税制改革法案により引き起こされる不安が上げられる。

(出所:Dec 18, 2017 GF Securities (Hong Kong) Brokerage Limited)

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s